style

仙台市の不動産売却

不動産売却トップページ
不動産がスッキリ売れる
不動産がなかなか売れない
不動産会社と上手につきあう
不動産売却にかかる費用
不動産売却の良くある質問
不動産売却契約と決済の流れ
媒介契約の種類
不動産の査定

仙台市の不動産売却なら

不動産売却なら当社に
当社が売却に強い理由

無料不動産売却相談デスク

仙台の不動産サイト

不動産売却ナビ
仙台不動産売却相談
仙台の不動産売却
不動産売却のプロ
不動産買取のプロ
不動産任意売却のプロ
不動産を売る時
仙台不動産買取
仙台不動産買取
仙台不動産売却
仙台の不動産を高く売る
不動産買取のプロ
不動産売却Q&A
不動産売却のプロ
不動産
不動産
不動産
不動産
仙台不動産
仙台不動産
仙台不動産
仙台住宅展示場
仙台不動産.net
仙台不動産情報.com
不動産を買う前に
仙台不動産
仙台マンスリー
仙台不動産ニュース
仙台不動産
新築物件
仲介手数料ゼロ
仙台分譲マンションニュース
新築購入おとくクラブ
仙台マンション情報
不動産のプロ
不動産賃貸のプロ
不動産管理のプロ
Tohoku University Apartment
Sendai Apartment
仙台マンスリー
Furnished Apartment Sendai
仙台格安マンスリー
不動産タイムズ
伊達藩の不動産
Apartment in Sendai

全国の不動産サイト

相互リンク
リンク
 

仙台の不動産売却時に不動産会社と交わす媒介契約について

不動産売却の媒介を不動産会社に依頼する場合は、「媒介契約」と呼ばれる契約を結びます。
この契約は、不動産売社が売主の意思によって売却の活動をするということを確認する契約です。
この契約によって、決める売却希望価格は、売却活動をするための価格であって、売却価格を決定するものではありません。

不動産売却の>一般媒介契約

不動産売却の一般媒介契約の解説はこちら

不動産売却の専任媒介契約

不動産売却の専任媒介契約の解説はこちら

不動産売却の専属専任媒介契約

不動産売却の専属専任媒介契約はこちら

不動産売却の一般媒介契約

不動産売却の一般媒介契約の説明

売主は同時に複数の不動産会社に依頼できます。

不動産売却の一般媒介契約のメリットとデメリット

同時に複数の不動産会社に依頼できるこの契約方式は、売り手にとって窓口の広がる良い方法ともいえます。
しかし、実情はそうとばかりも言えません。
その理由は、不動産売却のの仲介が不動産業者にとってどのようなものか、という部分にかかってきます。
不動産業者は、売却の媒介依頼を受けた不動産について、調査して販売活動に入ることになりますが、調査や販売活動には、それなりに費用が発生します。
調査に賭ける時間や交通費だけでなく、数多くの公的な書類を取得するのには実費の出費も発生します。
売主が一社のみと媒介契約を締結している場合、不動産会社は、成約のチャンスも高くなり、成功報酬を受け取って、出費の回収も可能となります。
しかし、売主が複数の会社との媒介契約を結んでいる場合、不動産会社は、他社での成約の場合は、出費倒れで終わってしまう可能性が高くなり、なかなか活動のモチベーションも上がらなくなってしまいます。

不動産売却の専任媒介契約

不動産売却の専任媒介契約の説明

売主は一社に絞って媒介を依頼し、複数の不動産会社に同時に依頼することはできませんが、自分で見つけた買主と直接契約することはできます。

不動産売却の専任媒介契約のメリットとデメリット

上記で述べたように、一般媒介では不動産会社のモチベーションが下がる、というケースもありますが、専任媒介契約ではその危険はなくなります。
そうした意味では、不動産会社は安心して活動に入れます。
しかし、ここでの注意点は、専任媒介契約を締結する会社が、売主側の不動産会社(セラーズ・エージェント)として、多くの客付け不動産業者(バイヤーズ・エージェント)と情報を共有して売却活動を展開できるかどうか、です。 どんなに大手であっても、一社の力には限界があります。専任媒介契約のメリットは、契約を交わす不動産業者を通じて、どれだけ多くの売りのネットワークを持てるかにかかっていると、考えて間違いありません。

不動産売却の専属専任媒介契約

不動産売却の専属専任媒介の説明

売主は一社のみに媒介を依頼し、自分で見つけた買主も、その一社を通じて契約します。という内容です。

不動産売却の専属専任媒介契約のご説明

売主が不動産会社に全幅の信頼を置いていたり、物件を不動産オークションへの出品するなどのなどの際に、この契約を用いることが多いようです。